一口に結婚式場といってもいろいろな種類がある

男女

挙式スタイルを選ぶ

男女

神社で結婚式をするには

神社挙式は、神前式とも言い、その名前の通り神社で結婚式を挙げることです。日本の伝統を汲むスタイルですが、歴史としては意外に新しく、明治の中頃に皇族の結婚式として行われたのが始まりです。それまで、日本には「結婚式」という概念はなかったのです。そういう意味で言えば、日本の結婚式の元祖スタイルです。神の前で二人の愛を誓うという点では、神社挙式も教会での挙式も同じです。しかし、キリスト教徒でもない限り、日本人がより「神様」を自然に感じられるのは神社の方です。日本人らしく、厳粛で神聖な儀式として結婚式を行いたいのであれば、神社挙式に勝るものはないでしょう。神社挙式は、カジュアルなレストランウエディングなどとは違い、エリアから会場を絞るなどという選び方が困難です。神社挙式を考えるなら、まずはどこの神社で挙式をしたいのかをはっきり決めることが重要です。神殿の雰囲気や広さなど、神社によってかなり違いがありますので、実際に見て決めるのが一番間違いがありません。また、教会とは違い、神社によって「格」があったり、主神として祀られている神様も多岐にわたります。それぞれに司るご利益があったりしますから、そういった点、例えば「縁結び」の神社であることにこだわって選ぶのも良いでしょう。神前で行う神社挙式は、結婚式の中でも日本人の感性に訴える厳粛さを持ったものです。特別な日を特別な空間で過ごす、一生一度の思い出となるでしょう。